東邦チタニウムグループ トーホーテック株式会社 TOHO TECHNICAL SERVICE

0467-87-2336 受付時間 平日8:30〜17:00

Business & Product

溶接加工
チタン製配管

用途

化学プラント、製紙プラント、食品設備

チタン製配管は各種プラントから食品設備まで、海水や塩素分を含むガス・液体、塩濃度の濃い液体の配管として使用されています。
配管は一度設置してしまうとその後色々な配管が設置されていくため、
いざ更新をしようとしたとき対象となる配管の更新工事が難しくなる状況が多々あります。
初期投資ではチタンは高価でも、その後の更新時の大変さを考慮すれば非常に魅力的な材料と言えます。
小口径から大口径まで、また食品用サニタリー配管など多種多様の配管に対応いたします。

  • 燃料配管(左:チタン製、右:鉄製)
    燃料配管(左:チタン製、右:鉄製)
  • PTA配管
    PTA配管
  • 化学プラント配管
    化学プラント配管
  • 排気管
    排気管
  • 大型配管(900A×約40M)
    大型配管(900A×約40M)
現地での配管溶接施工
チタンは酸素との親和性が強く、溶接時は酸素を遮断するために不活性ガスでシールドをする必要があります。
現地ではこの作業が難しいですがシールド治具などを工夫し、しっかりとした養生を行うことにより現地でのチタン溶接が可能となります。

チタンのことなら何でもご相談を承りますので、お気軽にご用命ください。
お客様のニーズに合わせて各種提案させて頂きます。

0467-87-2336 受付時間 平日8:30〜17:00

インターネットからのお問合せ

  • このサイトに記載された技術情報は、製品の代表的な特性を説明するもので、規格として明記したもの以外は保証を意味するものではありません。
    本サイトに記載された技術情報の誤った使用、または不適切な使用などによって生じた損害については、責任をおいかねますので、ご了承ください。
    また、これらの情報は、今後予告なしに変更される場合があります。